> 

どさん子の女子の特徴とは?!知られざる実態とは

北海道地域の評判の良い女子達の内面をもっと掘り下げてみると、現実的で凛としたイメージがありますが、
実際のところはどうなんでしょう?北海道といっても領域が広いので、エリアごとにタイプが異なります。

どさん子女子ってどんな女の子?

気になるあの子をもっと知りたい!どさん子が気になる人は参考に。自分はどさん子に当てはまるかチェックしてみて!

顔立ちやルックスについて

どさん子女子と一口に言っても北海道は広いので、
エリアによって少し傾向が違うこともあります。
まず、都市圏の札幌や内陸部の女子は面長で目鼻立ちがクッキリしている人が多いです。
色白で口が大きく、唇は薄目で、意外に高身長の大柄な人が多いというのも特徴的です。
これに対して、函館や釧路など海に面した港町には、瞳の大きなキュートなタイプが多いと言われています。
私は違うという反論もありそうですが、その傾向が強いということで全ての人に当てはまるわけではありません。

性格について

どさんこ女子は強いです。
雪国である北海道の女性というと色白ではかなげ、というイメージを持たれる方もいます。
また札幌の女、函館の女、すすきのの女ではありませんが、どこか言葉の響きがよく、艶のある美しい女性像を思い描く方が多いです。
ですがこれらの冠の付く女性はむしろ男性にこびない凛としたイメージというのが正解です。
特に札幌圏の女性はその傾向が強く、これは北海道の歴史に影響を受けていると言われています。
それは歴史で習った開拓使の時代にさかのぼります。
何もない大地にやってきて、大地を耕し生活の術を得ていった人たちにとって、
働き手が男で女はそれをサポートするといった概念はありませんでした。
女も男と対等に開拓精神をもって、時代を生き抜いていく必要があったのです。
その精神が祖先を通じて宿っているのか、札幌圏のどさんこ女子には現実的な人が多く、夢見る乙女はあまり見かけません。

また開拓精神旺盛なことから自己主張もありハッキリ物をいい、また習い事やファッションなど自分磨きにも余念がありません。
もっとも近づきがたいのかと言えばそんなことはなく、誰とでも気軽に付き合え、サバサバとボーイッシュな感じがあります。
仕事面ではテキパキしていて姉御肌で後輩にも慕われますが、若干大まかなところもあります。
内陸部の女子は雪国の人によくありがちな感じで芯が強く、辛抱強い傾向があります。

またお金に厳しいという一面もあります。
仕事はコツコツ地道な努力を重ねるタイプです。
港町の女性はやや開放的なのか新しいモノ好きで行動力があります。
また海の天候に似たのか、気分屋のところが少しあります。
しっかりしていつつ、どこか気分屋でミステリアス。
どさん子女子は殿方を虜にする魅力があります!