> 

ススキノは世界に誇る歴史ある日本3大歓楽街

かつて美しい芸者が溢れていた男の憧れの地は、今も人を引きつけてやまない魅力的な歓楽街です。それ以外にも、癒しの場所やおいしい食事でも満喫することができます。

日本3大歓楽街ススキノ

東京の歌舞伎町、福岡の中洲とならんで、日本3大歓楽街の1つに数えられる札幌のススキノには
4500店以上とも言われる飲食店や風俗店、パチンコ店などがひしめき合っています。

ラーメン横丁

ラーメン横丁には様々なラーメン店が凌ぎを削っています。
かつてすすきのラーメンといえば北海道らしく塩・バター・コーンラーメンに北海道産のホタテなどが乗ったものや味噌ラーメンでしたが、
今は各店オリジナルの様々な味を堪能でき、2軒3軒とはしごする観光客も珍しくありません。

歴史ある風俗街

現在、風俗店が建ち並ぶ一角は、その昔遊郭があった場所です。
薄野遊郭の歴史は明治時代初期までさかのぼり、料亭が建ち並んで毎夜、芸者たちが酒宴を盛り上げていました。
薄野遊郭の芸者第一号は、函館美人という言葉があるのを裏付けるように、函館からやってきた方という話が残っています。
その後は東京から芸者たちが集まってくるようになり、本格的な歌や踊り鳴り物と贅をつくした煌びやかな衣装で、店も繁盛したと言われています。
その後、遊郭は行政の政策で別の場所に移転されますが、その後もこの地にはカフェやバーなどが建ち並び夜の街へと化していきます。
カフェというのは今時のカフェとは異なり、客を女性がお酒でもてなすお店のことです。
今でいうキャバクラやクラブに相当するもので、こうした飲食店が昭和5年の時点で450軒と現在の10分の1の規模が、風俗街だけで既に形成されていたというから驚きです。
この頃からずっと夜の街、ネオンの街として歴史を育んできたのです。

ススキノで天然温泉

現在、薄野遊郭があるエリアは風俗店ももちろんありますが、天然温泉を楽しめるサウナやホテルも誕生し、旅行客や地元のOLさんが女性どうしで飲み歩く姿も見受けられるようになっています。
ススキノの良い所は歌舞伎町や中洲と異なり、女性だけで歩いても大丈夫なほど治安がいい点です。
一部、風俗店の客引きが活発なエリアがありますが、注意したいのは男性客で女性が不安な思いをすることは基本的にないと言っていいでしょう。

もちろん酔っ払いもいますので、注意することは必要です。